送料全国一律無料

毎日つかうコツ

骨董を買ったけど、なかなか使う機会がないという勿体無い言葉をたまに聞きます。

良い器こそ毎日使っていただきたいものです。

一つのコツは、器選び。
赤絵や金彩が施された錦手の伊万里などは華やかでつい先に手が伸びがちなのですが、毎日使っていると多少疲れてしまいます。

毎日使いたいのはやはり、質のいい染付の小皿やなます皿。
このように地味なおかずを乗せて、お盆の載せて一汁一菜風にしてみてください。

この小皿は4.5寸(約12センチ)。柄はみじん唐草。
江戸後期の品です。

「どう食べるか」は「何を食べるか」と同じくらい重要です。
このお皿なら、毎日同じおかずでも飽きないはずです。

同じく、みじん唐草のなます皿。
地味なおかずですが、深みがあります。