送料全国一律無料

10月のレッスンより

※日本の器と食文化講座は現在休講中です※

10月のレッスンの振り返りをするまえに、
11月のレッスンのお申込をたくさんいただき、ありがとうございました。

振り返りがすっかり遅くなってしまいましたが、おつきあい願えますでしょうか。

10月前半は、まだ青い紅葉に、青磁の銀杏のお箸置きを設えました。
これから赤や黄色に色づきはじめる「予感だけ」お膳にのせています。

後半は、油滴や曜変の天目茶碗のような柿の葉をあしらいました。


柔らかい岩中豚のローストに、
林檎と鳴門金時をマッシュしたものをソースにしてみました。
全く難しくありません。ご自宅で簡単にお作りいただけます。



器のおいしいレッスンはお料理教室ではありません。
あくまでも、家族やご自身の体の健康、心の健やかな成長の担い手としての家庭料理を提案しております。

旬や安全にこだわるには理由があります。

レッスンではその理由を学んでまいります。

器は、龍の図の鉢。外側は唐草の絡んだ龍。内側は瓔珞文です。
それを海老の図の中皿に乗せてみました。

龍に海老、その中にはおいしい豚肉が入っているなんて、ちょっと我儘な贅沢が過ぎたでしょうか…ふふふ。

今回のメインは新潟から届いたばかりのコシヒカリの新米でした。

レッスンではいつも最後に、少しお腹を満足させるものをお出ししますが、今回はしっかりと楽しんでいただきました。



このコシヒカリは新潟県北魚沼群広神村農家より直送。
すべて先約済みで栽培されており、一般流通はしておりません。

炊きたての真っ白なご飯を楽しんで頂くお供たちもすべて自家製や無添加のものを選びました。
舌の隅から隅まで、心地よく、安心して、味わっていただけます。

染錦の中皿には、佃煮を。
器が華やかだと、いつものご飯のお供たちも姿や味を変えてくれるような気がします。



昔の人たちの食事は質素でしたが、このような古伊万里の器で華を添えたそうです。

今はおいしいものが多すぎますね。
たまには休憩して、真っ白い炊きたてのご飯と、お醤油とお砂糖だけで味付けした昆布も良いかもしれません。
美しい器が何よりのご馳走になります。

佃煮は、東京は佃島。天安本店より。佃煮は佃島で生まれました。



2017年11月2日