送料全国一律無料

軽井沢彫り 大坂屋家具店

2016年10月20日(木)〜26日(水)@東急百貨店たまプラーザ店4F和食器売り場イベントスペースにて

軽井沢彫の元祖・大坂屋家具店さんが来てくださました。
毎年、たまプラーザと渋谷本店で展示販売会をさせていただいております。


いかがでしょう。とても細かく華やかな細工、それでいてしっとりとしていて、いわゆる別荘風の本当に素晴らしい家具です。

明治21年(1888)、軽井沢の冷涼な気候と美しい自然を好み、英国公使館付宣教師アレキサンダー・クロフト・ショーが初めて別荘を建て、続いて多くの外国外交官・宣教師が別荘を持つようになりました。

外国人別荘が飛躍的に増加した明治41年(1908)、日光彫りの職人であった川崎巳次郎さんが、軽井沢で彫刻家具製造・販売を始めました。



当時の日本にはイス・テーブルなどの家具がなく、常駐外交官をはじめとしたお客さまから、こうした需要に応えて職人が腕をふるいました。また、遊び心ある別荘用インテリアとして、機能だけにとどまらない豊かな装飾表現が可能であったことも軽井沢彫家具の魅力のひとつとなっています。



そして、最近とても好評をいただいており、需要が高まっておりますのはお仏壇。
お住いに合ったお仏壇をお探しになる方が増えているようです。
軽井沢彫りは、素材選びから切り出し、組み立て、そして彫刻、仕上げの塗装に至るまで、すべて職人たちによる手作業です。



ぜひ実際に手にとって、その精巧さとしっとりとした肌触りを感じてくださいませ。