美濃・不動窯展

2016年9月22日(木)〜10/5日(水)@東急百貨店たまプラーザ店4Fエスカレータ横にて

土岐市は全国で使われる和食器のおよそ60%を生産する有数の窯業生産地。

不動窯は、岐阜県土岐市に窯を構え、織部や志野・黄瀬戸に代表される美濃焼400年の伝統を継承していらっしゃいます。
暮らしの器を中心に、 モダンで心温まるオリジナルのやきもの作りをなさっています。

まずご紹介したいのが、「不動 FUDOH」シリーズ。
シャープなかたちと表面と内側のテクスチャーの組み合わせがとてもモダンです。



大鉢、小鉢、大皿、小皿、猪口、ぐい呑まで幅広く展開しています。

織部などは、ちょっと手に取りづらい、という方も中にはいらっしゃるかもしれません。
もともとは茶人たちが愛でたのが織部です。

そんな織部を、毎日の暮らしに取り入れやすいデザインで提案なさっています。


下の、各プレートとフリーカップのセットはお菓子でちょっとおもてなしするのに最適。



そして毎年東京ドームのテーブルウェアフェスティバルで注目を集める「どんぶり百撰」。
来年1/29から行われるイベントを、小規模ですが再現していただきました!!


素敵などんぶりをお探しの方は本当に多くいらっしゃいます。
こんなにたくさんどんぶりが並ぶ機会はなかなかありませんよ。

涼しくなって磁器よりも、土物がうれしい季節です。不動釜の織部や志野、ぜひご覧くださいませ。