送料全国一律無料

楽陶セレクト 日常づかいの骨董市

2016年11月17日(木)〜11月23日(水)@東急百貨店たまプラーザ店4F和食器売り場イベントスペース

さあ、そろそろ年末年始の準備に、百貨店も賑わいを見せはじめています。
お正月は、ぜひ骨董の華やかな器で新しい年を迎えましょう。



楽陶が骨董を取り扱いはじめて3年ほどになります。
今回は、楽陶史上最高の買い付けをすることができました。上手上手、上手の嵐です。

初日午前中からたくさんのお客様で溢れ、撮影するのも一苦労。

まずは楽陶の骨董の目玉、福井県の「若狭塗」のお重からご紹介。



楽陶の提供する骨董の特徴として特筆したいのが、箸で有名な小浜の若狭塗のお重箱です。
卵殻を用いた「卵殻模様」、あわびなどの貝殻を用いた「貝殻模様」、松葉、檜葉、菜種又は籾殻等を用いた「起こし模様」があり、螺鈿細工のような精密さは目を見張る芸術品です。

こちらは桜に松ぼっくりのような図案です。



箸は全国的に流通していますが、お重箱はほとんど流通していないようです。
輪島塗のように伝統技術がうまく継承されず現行で重箱をつくれる職人がほとんどいないこと。
そして当時から良家の受注生産でしか作られなかったことがその理由です。

他では見られない逸品ですよ!!

もちろん輪島も数多くお持ちしています。お正月のお雑煮にぴったりな蓋つきのお椀や、素晴らしい蒔絵の脚付きの台。


もう、とにかく上手上手、上手の嵐でございます。価格もセールで出しております。


骨董は本当に「出会い」です。この機会をお見逃しないよう、本気の覚悟でいらっしゃいませ。